2019年09月17日

DOOGEE S30 文鎮からの復活

昨晩、AMAZONで売ってた防水、対衝撃でありながら安い中華スマホの「DOOGEE S30」が、ついに「文鎮」になりました。

IMG_20190917_093745.jpg

起動はするんですが、「DOOGEE」で数時間経っても固まったまま。これを「文鎮」というそうです(笑)

文鎮から脱出するにはいろいろ方法あるみたいですが、なんせ中華スマホ。
DOOGEEスマホが文鎮から脱出する方法のサイトを見つけられません。

なんとかDOOGEEの海外サイトで、ハードリセットの方法はわかりました。

「電源ボタン」「音量+(プラス)ボタン」を長押しで起動。

老眼の僕には読めないぐらい小さいブートメニューが出ます。

P9170001.JPG

「Recovery boot mode」
「Fast boot mode」
「Normal boot」


音量プラスボタンで選択し、音量マイナスボタンで決定します。

一番下が「Normal mode」、真ん中の「Fast boot mode」では、文鎮から脱出しませんでした。

「Recovery boot mode」を選ぶことに。

P9170004.JPG

Android君(?)が倒れて、「No command」と出るので、
そこで、電源ボタンと音量プラスを同時に押すと、

P9170005.JPG

英語の「リカバリー画面」になります。

ちなみに、電源の切れた状態から、「電源ボタン」「音量マイナスボタン」、「○ボタン」同時に押すと中国語のメニューが出てきます。
これでリカバリー画面になるスマホもあるようですが、DOOGEEのS30は違うので注意してください。

P9170008.JPG

Doogeeは、一番上に「自動テスト」の項目がありまうす。
謝って実行してしまい焦りました。

中国語では、メニュー内容がぜんぜんわかりません。
調べてたら、動画を見つけました。
どうもSUMSUNGも、DOOGEEとよく似てますね。

気になる人は、ほかのメニューも自己責任で実行してみてください。

とりあえず一番下を音量ボタンで選んで、電源ボタンで決定してすれば、リブートします。




さて、英語の「リカバリー画面」に戻って、いろいろ試します。

バックアップをとった覚えがないので、

「Backup user data」

という項目に、すべてのデータが消えない望みをかけて実行!

ところが、

SDカードエラーでダメでした゚。・゚・(ノД`)・゚・。

メニューを上から2つ試したけどそれもダメ。

もう完全にデーターが消えることは覚悟しました。


仕方なく、全部消えてしまう「Wipe data/factry reset」を実行しました。




文鎮から脱出できました!




googleもクラウドに何かしらバックアップをとってくれてたみたいで、14日前のデータでしたが、アプリはほぼインストール出来ました。

ですが、ID,パスワードはなくなってました。必要なのはそこなんだけど!

仕方なく、ID、パスワードをちまちま打ち込みます。別のところに控えててよかった。。。

とくに再インストールがめんどくさいのは、「LINE」。
「LINE」を仕事で使うのは控えたほうがいいと改めて思いました。

まだ僕は「スマホ決済」を利用してないからいいんですが、スマホ決済メインな人が「文鎮」になったら、めっちゃ困るでしょうね。

調べてみると、格安中華スマホでなくても「文鎮」になってる人はすごく多いみたいなので、とりあえずスマホはまだまだ信用できないと思いました。続きを読む
posted by あんぽん at 11:06| 大阪 ☁| Comment(0) | 日常のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする