2007年04月27日

その11 エンジン製作(腰上編)

ヘッド周りを製作する。
燃焼室研磨.JPG
ブロック同様、修正面研してある。
ガスケットのカタが深かったため0.15mmも研磨した。

燃焼室はできるかぎりピカピカにした。

ポート段付.JPG
ヴィヴィオはポートの段付がひどいので、ポート研磨も実施。

すり合わせ1.JPG
シートカットもしてもらったし、INバルブは新品だが、
EXバルブは数千キロの中古なので、軽くすり合わせもする。

光明丹.JPG
あたりチェックに光明丹。こんなあったら一生(いや五生)あるね。

あたり1.JPG
シートカットしてもらったおかげで、あたりばっちり!

エンジン製作3.JPG
ヘッド載せて〜
エンジン製作4.JPG
カム載せて〜

シム調整して大まかなところは終わり。
シートカットも少なかったのでまだまだシムは範囲内でよかった。

大幅に面研したので、いちようバルタイもチェック。
バルタイ1.JPG
バルタイ2.JPG
新型車解説書によると、IN、EXともに中心角112度だそうだが、
実際測ってみると、
IN:110〜111度
EX:108〜109度
だった。
インテークは微妙に進んでるし、EXは微妙に遅れてるやん!
何回か測ったがやっぱり同じ。
こんなことなら面研する前に測っておけばよかったな。

ヴィヴィオは、カムプーリー側にノックピンがあるので
バルタイ変更は容易ではないけど、大幅に遅れてるようなら、
カムシャフト側のノックピンの溝でも削ろうかと思ってたのだが、
このままでいくことにしよう。
いずれスライドカムプーリーでも作るとするか。

エンジン製作5.JPG
ほぼ完成。後は車に積むだけです。
このエンジンにターボを組み合わせるんだが、どうなることやら。

------------------------------------------------------------
エンジンスタンドは、下記の商品が安くてオススメ。

posted by あんぽん at 00:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | vivio tune up | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック