2016年07月15日

TT250RにACEWELLメーター!

足に使ってるTT250R

pict-DSC_0001.jpg

このメーター、たまにリセットかかってしまうんだな。
オドも消えるのでホント困る。
どうも持病らしいし古いから仕方ないか。

っていうことで、
ACEWELL
のメーターに交換しました。


「ACE-153」
タコメーターのないタイプでオフロードバイクにピッタリ。
ちなみに、燃料メーターは使わなければオフにできる。


以前「ACE-2802」を使ってたけど、良かったからね〜。

取り付けステーはついてるんだけど、オフロードバイクにはしっくりこない形状なので、ステーを製作。

16.7.14 (6).JPG

たまたま100mm幅の材料があったからそのままの幅で作ったら、

16.7.14 (3).JPG
でかすぎた!

さて、問題なのがスピードセンサー。

メーターケーブルがあるバイクは付属の部品でいけるんだけど、TT250RはメーターケーブルがなくFrスプロケにピックアップが付いてる。

配線図見ると、ピックアップもノーマルメーターから5Vの電源がでてて、しかも4パルス。ACEWELLのメーターにはノーマルセンサー使えない。

そこでコレ↓

普通はフォークやスイングアームに付けるのだが、余計な線を引き回したくない。

そこで、

16.7.14 (1).JPG

ローター製作して、

16.7.14 (2).JPG

ノーマルセンサー部にセット!

ここにも問題ありで、スペースが限られてるためセンサーの配置が説明書通りにはできない。
注意しないと1回転で2パルス拾ってしまう。
とりあえずこの配置で、確実に1回転1パルスになった。

ACEWELLのスピード設定は、「1回転で進む距離」を入力するのだが、タイヤ1回転1パルスならタイヤの周長でいいが、スプロケから拾ってるので二次減速比を割らないとイケない。

タイヤの外周が、メジャー実測で2095mmだったから二次減速比の(44/14)で割って667mm

16.7.14 (5).JPG
これで入力すると、スピードバッチシ!

早速試乗したけど、
トリップ2つと時計があるのがなんせ便利!
距離もスピードも純正メーターより正確だし。
アナログメーターの古いオフロードバイクでツーリングしてる人には、このメーターはほんとオススメだわ。

おまけ

USBの電源もつけといた。

16.7.14 (4).JPG
これもツーリングライダーには必須だね。
便利な時代になったもんだ(笑)
posted by あんぽん at 11:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック