2017年12月12日

YZ125改造計画(epZERO)

先日乗ってた、というよりイジってた時間の方が圧倒的に長かったYZ125ですが、去年12月乗ったとき、こりゃむりーってぐらい下がなかったんですよね。

大昔も01のYZ乗ってたけど、もうすこし乗りやすかったような記憶が。
中古だから、ひょっとしてエンジン終わってんの?

たんにセッティングがむちゃくちゃだったかもだけど、ここは
ネタ作り
ということで、YZ改造計画が始りました。

DSC_0085.JPG

ピストントップもサイドスカートもこれぐらいなら綺麗でないの?

DSC_0086.JPG

DSC_0088.JPG

クロスハッチもぜんぜん残ってるし、縦傷も深いのはぜんぜんないし。

ということで、ピストンはそのままでリングだけ交換。

さて、こっからどうしよーかな?

モトクロスじゃなくエンデューロコースのんびり仕様にしたいので、125Xが出るまで流行っていた
「カントク仕様」を参考にすることに。

とりあえず、ベースガスケット2枚。

次ガバナースプリングです。

DSC_0090.JPG

YZって、けっこうバラさないとこのガバナースプリング変えれないのよねー。
KTMは、ストックで3本ついてくるし六角レンチ一本で交換できたはず
ぱっと替えれるようにならんかな?

とりあえず、YZ125に使えるスプリングをちょっと集めてみた。

DSC_0089.JPG

右から

YZ125X'17〜(白)
YZ125'05(水色)
YZ125'06〜(金)
YZ250'99〜(紫)

YZ250の99年までは毎年変わってたのに、99〜今までずっと一緒なのが面白い。

大体のレート(kgf/mm)計算すると、

YZ125X'17〜(白)4.7
YZ125'05(水色)3.9
YZ125'06〜(金)3.4
YZ250'99〜(紫)1.5

こうやってみると、YZ250用がめちゃくちゃ柔らかいけど、プリロードがYZ125と違うのよね。

で、プリロードから計算する開き始めの荷重が、

YZ125X'17〜(白)19.2kgf
YZ125'05(水色)15.6kgf
YZ125'06〜(金)17.0kgf
YZ250'99〜(紫)10.7kgf

という結果に。
※あくまで計算です。数値はずれてると思うけど、だいたいは間違いないかと。
125Xが出る前の「カントク仕様」にするには、'05のスプリングにワッシャを1枚足すので、

YZ125'05(水色)19.5kgf
ちなみにSTDにワッシャ足したら
YZ125'06〜(金)20.4kgf

って感じで、だいたい開き始めは125Xに近い数値になってるんかな。
レートの違いは、その後パッと開くか、じわーって開くかの違いだろな。

とりあえず今回は、一番じわーって開きそうな
YZ125X用をチョイス

しかし、

硬くて組むのが大変やないか!

DSC_0091.JPG

どっか飛んで行きそうなので、ピンを通し安くするSST作りました。
きっとほとんど使う事ないので、自分でやりたい人には貸しますよ(笑)

ガバナースプリングはちと硬かったか?
次回バラすとき、水色にしてみようと思います。
って、バラすまでに何年かかる?(笑)
posted by あんぽん at 12:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 日常のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]