2020年07月30日

根拠なき自信

昨日、朝から病院でした。

IMG_20200729_130445.jpg

今回は珍しくケガじゃないのです。

というのも、今年4月初めから、謎の頭痛で大変でした。

初めは「毎日飲み過ぎかな?」って思ってたけど、飲んでない次の日でも頭痛、しかも毎日。

痛みに波があり、立ってられないぐらい痛い時もあって仕事にならない。

これはさすがにおかしいと思い、近所の総合病院へ。

脳神経科でMRIとCTを撮ってもらったけど、

「異常ありませんね。ストレスでしょう。ロキソニン出しとくので痛いとき飲んでね」

とサラッと言われて修了。

しかし、それからもしばらく毎日続くし、ロキソニン飲み続けてるのも怖い。

「絶対これはおかしい!」と思い、頭痛外来のある有名な病院へセカンドオピニオン。

そこに、前の病院で撮ってもらったMRIとCTを持っていくとすぐに、

「たぶんこれですね。副鼻腔炎ですわ」

正確には「蝶鶏骨洞炎」というやつやったみたいで、場所によって名前は違うがまとめて「副鼻腔炎」というらしい。

膿が溜まってるから「蓄膿」ともいい、それはよく聞いたことあったがどういうものか知らんかった。

2個目の病院は脳神経科で耳鼻科の無い病院だったので、「耳鼻科でちゃんと見てもらって」と、大きな病院を紹介されたのがすでに6月。

でも、1ヶ月以上続いた頭痛は全くしなくなってたので、

「もう治ったかな?次の病院は行かんでもええんちゃうか?」

とも思ったが、いちよう耳鼻科も行って、で、再度MRIとCT撮ったら、

何も変わらず膿は溜まったままだった(笑)

耳鼻科では、「頭痛の直接の原因かわからんけど、この膿は抜いといたほうがいいでしょうね。」

ということで、手術することにまでなってしまった。

しかし、最初の病院では、この手術することになったぐらいの「頭痛」を

「異常なし、ストレス」

で片付けられてしまったことがほんとびっくりだ。

00000014.JPG

↓のところ、正常なら黒く、白いのは何かが溜まってるらしいが、そう言われたらシロートが見ても「異常」って分かる。

それを、最初の病院では見落したわけだ。

4月から3箇所の病院を周り、トータル7回病院行って、MRIを3回、CT2回、レントゲン、血の検査、薬等もろもろで、数万円は使ったし、時間だいぶ費やした。

1件目の病院は耳鼻科もあるので、これに気がついていたら、もう手術も終わってたかも。
お医者さんも人間だから、間違いも見落としもあるだろうが、さすがお医者さんはそうであっては欲しくないなと思った。
まあ、お医者さんが「異状なし」と言っても、自分の体調は自分しかわからないから、自分が怪しいと思ったらセカンドオピニオンは大切だわ。

しかし、「自分は健康だ!」と根拠なき自信を持ってたが、全くもってそうではなかったな〜。

とくに自営業者は気を付けないと。

普段病院なんて行かないから、気づいたら手遅れ・・・。お〜怖

そんなたいそうな病気じゃなくてよかったわε-(´∀`*)ホッ
posted by あんぽん at 19:21| 大阪 ☀| Comment(0) | 日常のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]