2016年09月17日

アルミテープ

最近何やら噂の「アルミテープ」

貼るだけで驚きの効果らしい。

詳しくは↓
http://response.jp/article/2016/09/14/281774.html

たしかにこれで効果が出れば、びっくりするぐらい安いチューニングだ。

大手自動車メーカーのトOタさんが市販車に採用してるぐらいなんだから、そりゃ試さない手はないってってことで、早速ウチのオンボロヴィヴィオで試してみた。

DSC_0003.JPG

アルミテープは、仕事の都合上常備しております。
ほんとに普通のアルミテープでええんかな?

DSC_0004.JPG

DSC_0005.JPG

まず、前後バンパーに、長さ150mm幅25mmにカットして貼り付け。
ボディがシルバーだし汚いからさほど目立たない。

で、大阪市内を走行。

すっ、すごい!
違いがまったくわからん(-_-;)

誰でも違いがわかるみたいに書いてあったようなのだが・・・。
やはりバンパーだけでは効果が薄いのか?

DSC_0009.JPG

DSC_0011.JPG
ってことで、今度は、コラムの下とフロントウィンドゥにも貼ってみた。
ウチのヴィヴィオは重ステだから、ここまですればハンドリングにかなり影響が出るはず。

でも・・・、

まったくわからん(-_-;;)

違いが分からないぐらい俺は鈍感なんだろうか?
いやそんなことはない。
20年、20万キロ以上乗ってきたヴィヴィオだ。
こいつのことは何でもわかるはずだ。
それでもわからないのはなぜだ?

ってことで、高速にも乗ってみた。

しかし、

まるでわからん・・・(-_-;;;)

悔しい・・・。

自分なりに違いがわからない理由を考えてみた。

・アルミテープ自体が悪い?
・貼る位置や形が悪い?
・ボンピンの穴塞ぐのにすでにアルミテープを貼ってるからこれ以上効果でない?
・ボディカラーがメタリックだから、すでにアルミフレークで効果出てる?


う〜ん、今日のところは何もわからないまま終了だ。

とりあえず次回は、

・峠に行ってみよう。
・燃費も測ってみよう。
・サーキットでも試してみよう。

そうすれば違いがわかるかも知れない。
posted by あんぽん at 02:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

TT250RにSHINKOタイヤ!

最近、TT250Rのメンテナンスがマイブーム。
今日はタイヤを替えてみた。

16.7.17 (4).JPG

買った時から履きっぱで、もうカチカチ。
いかに無頓着かよくわかる(笑)

で、今度のタイヤは、
今やエンデューロレースで大活躍のSHINKOタイヤ

選んだのは↓



でも、オフ向けの公道仕様のラインナップは「オン寄り」で、ちょい「オフ寄り」ってなるとこれしかない。

ツーリストみたいなトライアルタイヤもあるんでそれと悩んだけど、ほとんどオンロードしか走らないからこっちにした。これならちょっと林道とか行けるしね。

16.7.17 (1).JPG

早速乗ってみた。

ハンドリングがだるくなったし、少しキツめにリアブレーキかけてもロックしづらくなったし、明らかにグリップは上がってるね〜。って当たり前か。

せっかくだから、今度オフ走ってみよ。
posted by あんぽん at 12:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

TT250RにACEWELLメーター!

足に使ってるTT250R

pict-DSC_0001.jpg

このメーター、たまにリセットかかってしまうんだな。
オドも消えるのでホント困る。
どうも持病らしいし古いから仕方ないか。

っていうことで、
ACEWELL
のメーターに交換しました。


「ACE-153」
タコメーターのないタイプでオフロードバイクにピッタリ。
ちなみに、燃料メーターは使わなければオフにできる。


以前「ACE-2802」を使ってたけど、良かったからね〜。

取り付けステーはついてるんだけど、オフロードバイクにはしっくりこない形状なので、ステーを製作。

16.7.14 (6).JPG

たまたま100mm幅の材料があったからそのままの幅で作ったら、

16.7.14 (3).JPG
でかすぎた!

さて、問題なのがスピードセンサー。

メーターケーブルがあるバイクは付属の部品でいけるんだけど、TT250RはメーターケーブルがなくFrスプロケにピックアップが付いてる。

配線図見ると、ピックアップもノーマルメーターから5Vの電源がでてて、しかも4パルス。ACEWELLのメーターにはノーマルセンサー使えない。

そこでコレ↓

普通はフォークやスイングアームに付けるのだが、余計な線を引き回したくない。

そこで、

16.7.14 (1).JPG

ローター製作して、

16.7.14 (2).JPG

ノーマルセンサー部にセット!

ここにも問題ありで、スペースが限られてるためセンサーの配置が説明書通りにはできない。
注意しないと1回転で2パルス拾ってしまう。
とりあえずこの配置で、確実に1回転1パルスになった。

ACEWELLのスピード設定は、「1回転で進む距離」を入力するのだが、タイヤ1回転1パルスならタイヤの周長でいいが、スプロケから拾ってるので二次減速比を割らないとイケない。

タイヤの外周が、メジャー実測で2095mmだったから二次減速比の(44/14)で割って667mm

16.7.14 (5).JPG
これで入力すると、スピードバッチシ!

早速試乗したけど、
トリップ2つと時計があるのがなんせ便利!
距離もスピードも純正メーターより正確だし。
アナログメーターの古いオフロードバイクでツーリングしてる人には、このメーターはほんとオススメだわ。

おまけ

USBの電源もつけといた。

16.7.14 (4).JPG
これもツーリングライダーには必須だね。
便利な時代になったもんだ(笑)
posted by あんぽん at 11:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

シート張替え

普段の足に使用しているTT250R

古いバイクなんでトラブルも多い。

それよかシートが異常に汚い!

座るとベタベタする。

そこで、シートカバーを張り替えてみた。

最近(かな?)巷で話題の「GUTS」のシートカバー。

なんとTT250R用があるのだ。

DSC_0038.JPG

触った感じがGood!フィッティングもバッチシだし、何よりとても丈夫そう。
今の乗り方なら、きっとバイクが潰れるまでもうシートカバーを張り替えることはないだろう。

DSC_0039.JPG

水弾きもいいし、泥にも強そう。

ちなみにこのシートカバー、大阪なら「プラザ阪下」で買えるのだ。

しかも、張替えもしてくれる。

まずシートカバーを注文⇒入荷連絡があったらプラザ阪下にバイク乗りに行く⇒1日遊ぶ⇒帰りにシート預けて帰る⇒そしてまた阪下に遊びに行く⇒シートもらう

こうしたら、送料もかからなくて一石二鳥。

DSC_0037.JPG

純正っぽくていい感じ(´∀`人)

しかし、街乗りのバイクにはちょっともったいなかったかな。
せっかくだから林道でも行こうかな〜?
posted by あんぽん at 08:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

サンバーを快適に!

ウチのサンバー、古いけどバイクを積んだり荷物を積んだり大活躍!
旧規格のサンバー、もともと荷室はかなり広いんだけど、それでも軽四なのでさすがに手狭。

ってことで、「大きい車にしました!」

って言いたいところやけど、なかなか予算にあう車が見つからない。
しかも、今回、山形まで遠征しなければならなくなって・・・。

ってことで、

IMG_20140828_111222.jpg

ベッド作りました!

IMG_20140828_111244.jpg

ネジ止めなんて無し、置いてるだけだけなんで、設営わずか1分!

これで遠出でもグッすり寝れますな〜。

まだまだ買い換えることなさそうや(笑)
posted by あんぽん at 11:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

花が咲く

車がさびて朽ちてくるところを「花が咲く」っていいますが、
大抵のヴィヴィオは左フロントのココ↓が朽ちてきます。

13.7.3 (2).JPG

指でつついただけで穴空いてもた(涙)
さすがにこれでは酷いんで、修理します。

13.7.3 (8).JPG

鉄板をリベット&溶接で固定。コレで数年は大丈夫でしょう。

あと、リアフレームも朽ちちゃうんですよね。でも直すにはメンバー下さなあかんし。その前にエンジンも直さなあかんし。
いったい、いつまで乗るんや、このヴィヴィオ。
posted by あんぽん at 00:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

角材万歳 その2

今日は角材でこんなもん作ってみました。

13.2.3 (1).JPG

最近運動不足なので、

13.2.3 (2).JPG

こんなことしたり

13.2.3 (3).JPG

こうやって使うね〜ん。
とか冗談で言ったら、とある友人は信じてくれましたけど(笑)

13.2.3 (4).JPG

正解は「材料棚」です。

丸棒が増えてきて、立てて保管するのは危険うえ、奥の物が取れないので、ずいぶん前から作るつもりでした。
そのための角材は用意してあったんですけど、なんやかんやでなかなか作れず。でも、材料棚を作るための材料があまりにも邪魔になるんで、やっと作りました。

これで丸棒が倒れる心配は無くなり、取り出すのも楽になりましたね。
しかし、プレスをどこに置こう?
posted by あんぽん at 20:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

角材万歳

ホームセンターでドラム管を購入しました。

13.1.22 (2).JPG

パッと見「五右衛門風呂」みたいですが、もちろん風呂ではありません。鉄クズのゴミ箱に使うためです。

13.1.22 (1).JPG

鉄クズ入れたら重くて動かせないんで台車が必要です。なので50×50の角材で製作。
ドラム管台車って買ったら数万円するんですよ。どうせゴミ箱用なんでお金なんてかけれませんし。
角材だったらチョー格安でできちゃいます。

13.1.22 (4).JPG

角材といえば、作業机も製作しました。
これは30×30。さらに天板はパネコート。ホームセンター部材オンパレード。
角材で作れば、製品買うより断然安いしサイズだって好きに作れます。
これは頼まれ物なんですが、作ってみると非常にちょうどいいサイズなんで人にヤルのが惜しくなってきました。
と思っても明日には取りに来るんで、また作るとしますか。

材料棚も作らないといけません。
当分の間、角材細工は続きそうです。
posted by あんぽん at 00:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

TT250Rのクラッチ交換

なんか最近滑ってる感があるTT250Rのクラッチ。
購入時点で3万キロ以上走ってるらしいから、滑って当たり前だろうし、しかもこれから毎日60kmは乗らないといけないので、交換することにしました。

1日で直すためには部品を先に注文。
12.8.23 (3).JPG
ヤマハは1日で入ってくるから良心的です。しかし、総額¥15000って車のクラッチより高いんとちゃうの?

12.8.23 (2).JPG
クラッチカバーのみでも外せそうですが、ここは不精せず、ステップ、エキマニもはずしました。

12.8.23 (4).JPG
で、フリクションプレートもクラッチプレートも焼けてる感もなくきれいでした。
フリクションプレートの厚みを測ってみると2.9mm。ほぼ新品じゃん。ってことは、一度はクラッチ変えてるようです。でも、せっかく買ったんで交換します。じゃ、滑ってる感はスプリングか?

12.8.23 (5).JPG
右が外した前期スプリング。長くて青いのが後期スプリング。
前期スプリングは42.0mmで、後期用と比べると見るからに短いですが、サービスマニュアルによると使用限度までまだ2mmもあります。これで滑った感あるんだから、前期のスプリングを使用限度まで使うことはまずできませんよね。
対策としてか、後期のスプリングは自由長が44.6mm。
内径φ12、線径φ2.2、総巻き9.5〜9.6巻なんでレートは同じ。単純にプリロード上げてるだけのようです。

で、実際乗ってみると、つながりのダイレクト感もでて滑った感じはなくなりました。
とりあえずこれで毎日60km走行も心配無し。しかし痛い出費だ。
posted by あんぽん at 22:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

マフラー交換

昨日、ありがたくない切符を頂いたTT250R。
早速マフラーをチェックしました。

マフラーを止めているボルトを外すと、
CA3I0044.JPG
簡単に分離。
こんなところで分離しちゃいかんよ。どおりで排気漏れっぽい音してたわけだ。
もちろんグラスウールもほとんど無い直管状態。
これじゃ、捕まっても無理ありませんな。

現在、すぐに修理できる環境じゃ無いので、いったん純正に交換。
CA3I0045.JPG
さびてたけど、ちょっと磨けば綺麗になりました。捨てずに持っててよかった。

しっかし、純正ってびっくりするぐらい静かやわ。
今まで、走行中は排気音しか聞こえなかったけど、純正だと風の音しか聞こえない。
おかげで、人も車も近づいても気づいてくれません。ある意味危険だ。
また、時期が来たらこマシなマフラー作ろうっと。
posted by あんぽん at 23:26| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

TT250Rまたメンテ

この前から変えよと思いながら変えてなかったブレーキフルード。
実家から残ってるフルードを持って帰ってきたのでやっと交換する気が出ました。
続きを読む
posted by あんぽん at 23:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

フロントフォーク交換

先日購入したTT250R、エンジンはすこぶる快調。
2回目の給油でリッター27Kmと、大阪市内の走行にしてはやたら高燃費でした。
問題は車体。特にハンドルまわり。まっすぐ走ってるのにハンドルが右に切れてます。始めハンドルが曲がってるのかと思って調べてみたら、ハンドルは曲がってない事がわかりました。
どうも、フォークか三又が曲がってる様子。乗ってて気持ち悪いので治すことにしました。と言っても中古でズボ替えするだけですが。

まずフォークASSYをゲット。
CA3I0032.JPG
ウン千円と格安でした。もちろんウン万円なら買いませんが。

で、フォークはどうみても曲がっている感じがしないので三又のみ交換。
いつものことですが、写真撮るのを忘れたことを思い出すのが作業が終わってから(日本語おかしくないか?)なので作業中の写真がありませんが許してください。

早速走ってみましたが、ハンドルの位置が適正になりました。ヨカッタヨカッタ。

で、新しい中古(また日本語おかしい?)のフォークに外した三又をセットすると、
CA3I0033.JPG
やっぱりアッパークラウンとロアクラウンがねじれています。
犯人は、ハンドルでもフォークでもなくて三又でした。
ステ管の曲がりはなかったので、ロアクラウンのアルミの部分がねじれているよう。
しかしこのバイク、見た目も綺麗だしフレーム側もクラウン側もストッパーに傷もないことから大事故はしてないと思うんですが、どうやってロアクラウンをねじったのかが非常に不思議です。

さあ、これでハンドルはまっすぐになったけど、「ガタ」はまだ残ってます。段差のたびに手にきます。
テーパーベアリングのアウターレースに段付きがあったので多分それが原因でしょうが、また三又外してベアリングも交換しなければならないってのが面倒です。
車に乗ろうがバイクに乗ろうが、「趣味は修理」から抜け出せませんね(笑)
posted by あんぽん at 23:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

TT250Rのメンテ

先日格安にて購入したTT250R。
最低限乗れるようにするためにメンテします。
CA3I0031.JPG
しかしここでするのは狭いの〜。
続きを読む
posted by あんぽん at 23:26| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

バイク

実は最近、公道仕様のバイクを手に入れました。
しかも15年前に乗ってたのと同じバイク。
古いし格安の中古なんでいろいろメンテしなければいけません。

なんと、エアクリーナーのスポンジがありませんでした。
どうやらボロボロになってしまったよう。
CA3I0041.JPG
やはりここはツインエアーに交換。

また、クラッチが尋常じゃないぐらい重たい。
CA3I0031.JPG
理由はケーブルのライナーが終わってました。ケーブル単体で動かんぐらい硬い。
ここは定番のステンレスワイヤーに交換。めっちゃ軽くなりました。

問題はセルモーター。リレーの音は聞こえるもののほとんど回ってくれません。
良くブラシが引っかかるバイクなので、セルを叩いたりギヤを入れて前後に動かしたりすると治ることがあるんですが、今回は余りにもひどいのでバラしてみました。
CA3I0026.JPG
すぐそこにセルモーターがあるのにセルに到達するのは意外にめんどくさい。

CA3I0027.JPG
30分ほどかかってセルモーター取り外し完了。
セルを分解するのになぜか7mmの工具が要ります。
たまたま自転車用に持ってたけど、普通は持ってないよな〜。

CA3I0029.JPG
やっぱりブラシがちびてます。とりあえず交換予定ですが、まだ多少は使えるかもってことで
コミュテーターを掃除しただけでそのまま戻しました。

戻してみるとセルがちゃんと回るようになったぞ。これでしばらくは大丈夫かも。
せっかくなんで、明日からちょろっと乗って見るとしますか。
posted by あんぽん at 00:29| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

シートカバー張替え

夏はバイクに乗りません。なぜなら暑いから。
乗らないこの期間にチョコっと改造です。

まずはシートカバー張替え。

11.7.24 (6).JPG
'01モデルなんでノンスリップじゃないんです。
で、外品のノンスリップタイプに張り替えします。

11.7.24 (7).JPG
はがしてオエってなるぐらいカビ生えてました。
丁寧に洗いましたが取れません。
そこでアルコールかけてみましたが取れません。

どうせまた生えるわ。ってことで、そのまま新しいシートカバー貼りました。


ちなみにタッカーが必要です。
純正と同じ位置には打てないところもありますが、別に問題なし。

11.8.7 (1).JPG
ハイ完成!ええ感じです。

合間の写真が無いからわからないと思いますが、
外品の一枚モンなので、シワを伸ばすのに一苦労しました。
かなり手の痛い作業です。もう一枚モンはコリゴリです。
posted by あんぽん at 22:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

アイソレーター

キャンプやスノボで、エンジンを切って電気を使いたいんですが、軽四のバッテリーではバッテリー上がりが不安なので出来ませんでした。

そこで「簡易アイソレーター」を購入しました。
CA3I0087.JPG
「アイソレーター」ってのは、2個のバッテリーを充電できる装置。
ようは、アクセサリー用にサブバッテリーを積んでおくことが出来ます。
また、アイソレーターのシガーソケットを使えばメインのバッテリーは一切使わないので、バッテリー上がり心配なし!

CA3I0089.JPG
箱に収めます。コレで外に持ち出しもOK。


インバーターとセットで使用すれば、キャンプに役立つこと間違いなしです。

こんなに便利なのに生産終了みたいです。キャンピングカーは無いけどキャンプする人はぜひ!
posted by あんぽん at 01:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

トランポのオーバーホール

引越しのためにと購入した「ミニキャブバン」

初めからオイル食ってるボロだったんですが、何故かスノボにモトクロスにダウンヒルにとトランポとして大活躍。

さすがにこのままではマズイだろうってことで、6月半ばから「ミニキャブバン」のオーバーホールしてました。

11.6.11 (19).JPG
初めはタイベルとクラッチだけ交換の予定が、

CA3I0039.JPG
エンジンは開けたら最後!

CA3I0049.JPG
結局フルオーバーホールになってもた!

トランポって、みんな壊れるまで修理しないでしょ?
壊れる前にオーバーホールしてあげてくださいね。バイクみたいに。

で、今回一番重宝した工具。
11.7.10 (9).JPG
パーツ洗浄台。
コレが無いとエンジンなんてオーバーホールできません。

 パーツ洗浄台 76L STRAIGHT/19-9411 (...

 パーツ洗浄台 76L STRAIGHT/19-9411 (...
価格:16,000円(税込、送料別)


デカさの割りに安いんで、エンジンしょっちゅうバラす人は持っててソンは無いでしょう。ってフツーそんなヤツおらんか。。。
posted by あんぽん at 23:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

YZ125のチョイ改造

YZ125は生粋のモトクロッサーだけど、どちらかというとエンデューロっぽい使い方をするんで、チョイ改造しました。

10.10.1 (1).JPG
まずはクーラントリザーバーの製作です。
ステンレスのステーにポリの容器をタイラップ取り付けただけです。材料費数百円ぐらい。すぐ出来ます。
今回は100ccの容器で作ったんですが、ネットで検索すると2500ccの容器を使用してる人が多いですが、
YZ125はもともとリザーバー自体が無いんで、100ccでもリザーバーがあるだけマシでしょ。
アカンかったら作り変えればいいし。
さらに、クーラントが無かったんでとりあえず水入れときました。そのうち入れ替わって緑になるでしょう。

10.10.1 (2).JPG
燃料コックもリザーバー付きに交換しました。
エンデューロっぽい乗り方するのには、ガソリンタンクもリザーバーがあったほうがいいでしょ。
でも、何リッターでリザーブになるかはわかりません。今度走ったとき調べます。

次はスプリングとフライホイールを交換しようとたくらんでます。
フライホイールはYZ250用を流用予定ですが、01モデルなんで、何年式の250のが合うのか全くデータが見つけられません。
'05以降はフライホイール取り付けネジサイズがM12になったみたいで、'03以降のYZ250用が会うみたいですが。
フライホイールは、賭けで買うには高い部品だし。。。適合を知ってる人がいたら教えて欲しいですね。




posted by あんぽん at 23:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

フリクションモディファイヤー

「フリクションモディファイヤー」
なぜかカッコいい感じがする言葉ですが、たんなるデフ添加剤です。
10.6.12 (1).JPG
それも、LSDの効きを弱くする添加剤。

先日オーバーホールしたヴィヴィオのリアLSD。
初めは気にならなかったんですが、しばらくするとチャタ音がハンパなく、
結局この添加剤のお世話に。

添加率4〜8%らしいので、注射器で30ccほどぶち込みました。
すると初めはマシになったような?

で、またしばらく走行すると、まだまだチャタ音止んでないやん!

オイルが全く極圧剤無しのレース用なので、8%じゃ足らんようです。
もったいないので、オイル交換するまでこのまま乗っときます。
posted by あんぽん at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

ヴィヴィオの持病

ヴィヴィオでちょろっと買い物に行った帰り、だんだん水温が上昇!

「またか!」

と思って、窓を開け強制FANスイッチを入れるもブーンって聞こえてこない。

そう、ヴィヴィオは良くファンが回らなくなるのです。


理由は?
posted by あんぽん at 22:37| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | anything DIY! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。